家づくり始めました②🏠

こんにちは☆ 持田です。

前回のブログでは、建築家の先生とのお打合せに向けての準備のお話でした。

今回は実際に1回目の打合せの様子をご紹介します。

 

ちなみに、建築家の先生は毎回1回目の打合せの前に土地の現調に行っています。

ある先生はその土地から見える景色を見ていたり、、、

ある先生はその土地から見える太陽の位置を確認していたり、、、

やはり先生は現地に行って目で見て感じて設計を行っていきます。

 

そしてそして、しっかりと土地の特徴をつかんだ後、打ち合わせがスタートしていきます。

(社長もちらっと様子を見に来てくれました(笑))

打ち合わせはまず土地の特徴、周りの環境など先生が感じたことを伝えてくれます。

その後、提出した要望シートに沿って話を進めていきます。なぜ、その要望を書いたのか、理由を細かく聞かれます。

その他にも、何時に起きて何時に家を出るのか、など日々の過ごし方まで聞き込みをされます(笑)ですが、先生にとってはとっても大切な情報です。

かっこいい家は正直誰でも考えることができます。ただ、住み心地が良い家、使い勝手が良い家というのは本当に細かくヒアリングをしてその家族の生活スタイルを考えなければプランニングできないんです。

なので、3時間くらいヒアリングを行うこともあります。

 

趣味は?

何をしている時が一番幸せですか?

新しい家で一番譲れないことはなんですか?

などなど、、、

沢山のヒアリングを受けて、一回目が終了します。

 

要望を出し切って終了できるように、先生も様々な視点から質問をしてくれます。

あっという間の時間でした。

ちなみに建築家の先生は何人もいます。その中から頂いたご要望シートをもとに合う先生を選んでもらえます。

狭小地が得意な先生、可愛い家が得意な先生、などなど先生によっても特徴があるので責任もって合う先生をご紹介いたします。

今回の私の担当の先生は三島先生というかたです。

女性の先生でとってもサバサバしていて話しやすい先生です。

先生といえば何となく話しにくいイメージがあるかともいますが、全くそんなことないんです。むしろ話しやすい先生ばかりです(*^_^*)

こんな感じで1回目の打合せを終えました。

次回はプランが出てきます。また更新しますね♪

持田