床下の危険 知っていましたか?

7/7 東京、両国でJBTA第5回定期総会が開かれました。JBTAとは、日本ホウ酸処理協会で5年前に発足されました。詳しくは「日本ホウ酸処理協会」でググってみて下さいね。まぁ地味な活動をしている、まじめな団体です。(笑)

夢工房キッチンくらぶでは、以前から構造材の防蟻処理にはホウ酸を使っていました。

日本の住宅で防蟻処理にはネオニコチノイド系の農薬が70%~80%使われているそうです。海外では、全面禁止になっているのにもかかわらずです。ある養蜂場の近くでの農薬散布が原因で蜂が全滅してしまったり、人の、特に乳幼児から子供の脳を委縮させる研究結果が報告されていたり、ペットが嘔吐したりと、揮発する農薬が及ぼす被害はさまざまです。この農薬が日本では、何の疑いもなく住宅の構造材に塗布や散布がされています。

新築時に散布すると、5年後には気化してしまい、防蟻効果が無くなるので床下に潜って散布するわけです。その時の費用は30万円くらいでしょうか。塗布した直後から、どんどん揮発してそれを住んでる方が吸い、効果が無くなったらまた散布するということを繰り返すことになります。害虫を殺すが人も殺せる農薬。私は怖いと思っています。しかも5年おきに30万円!

一方、ホウ酸は、害虫が食べると餓死しますが、哺乳類にはそれを処理する器官があります。腎臓です。尿として排出するから安心なのです。ただし、許容量があって、食塩と同じくらいの摂取なら安心とされています。構造材に塗布や散布をすると、結晶として一生そこにあり続けます。洗い流さない限り効果は半永久的に持続します。数年後にまた散布する必要がないのです。しかも気化しないので、住む方が健康被害に脅かされる心配もありません。

既存の住宅で被害にあってしまったら、害虫を直接射殺しなければならないので、農薬は必須になりますが、それ以降はホウ酸の散布がお勧めです。処理と予防の使い分けが大切ですね。

正直、気化して人に悪影響を及ぼすことと、一生の内に何回も散布し、お金がかかることは知っていて、今までもホウ酸を使っていましたが、海外で全面禁止だということと具体的な研究発表の件は知りませんでした。他の工務店の監督や社長はこの事実を知っているのでしょうか?

住宅の部材や工法はたくさんあって、ネットで色々な情報が取り出せます。だから逆に何が良いのか分からなくなってしまうのですが・・・。私は出来る限り第三者の立場で、その情報を皆さんにご提供したいと思っています。自分の家ならこれを使う!と思える部材を標準仕様で使っていきたいですね。

写真は定期総会の様子です。スカイツリーが見える会場でした。いつもいつも観光などは出来ずにトンボ返りするんです・・・・(トホホ)

ホウ酸定例会議
防蟻剤に殺虫剤を使うのは大変危険です。ホウ酸処理は効果も長く健康に暮らせます。